十和田署は6日、現住建造物等放火の疑いで、県南地方に住む14歳未満の少年を触法少年として補導し、児童相談所に通告した。5日午後、十和田市西金崎地区の住宅に放火したとされる。少年は容疑を認め、同地区で相次ぐ一連の火災についても、関与をおおむね認めているという。