気候変動の影響について情報共有を行ったネットワーク会議=2日午前、県庁

 青森県気候変動適応推進ネットワーク会議(事務局・県環境政策課)が2日、県庁で初めて開かれた。構成機関の担当者が、地球温暖化の影響を軽減させるための適応策について情報共有。近年の高温が稲作やホタテ貝養殖に影響を与えている現状を報告した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から