県議会で提案理由を説明する三村知事=2日

 青森県議会は2日、定例議会を開会し、会期を17日までの16日間と決めた。新型コロナウイルス禍における原油、物価高対策経費などを計上した2022年度一般会計補正予算案など12議案、報告34件を一括上程、三村申吾知事が提案理由を説明した。一般質問では補正予算案に盛り込んだ県独自の支援策や今後の新型コロナ対策の在り方などについて議論が交わされる見通し。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から