弘前大学大学院医学研究科が保管していた薬品から、国に所持登録していない放射性物質・酢酸ウラニル1瓶(内容量約19グラム)が見つかったことが1日までに分かった。放射線はごく微量で、外部への漏えいはないとしている。弘大が5月31日、ホームページで公表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から