青森県五戸町の機械加工業サンライズエンジニアリング(赤坂太樹社長)が、県内の異業種企業と共同でキャンプ用品の開発に取り組んでいる。特許や商標取得を支援する県知的財産支援センターの仲介によって実現した。全国的に高まっているソロキャンプ需要に対応した1人用商品にも力を入れ、各企業の技術を生かした「青森らしさ」が伝わる商品をつくり出している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。