熊原川で取れた婚姻色のウグイ
ウグイを使ったつみれ汁(手前)。昔から親しまれている郷土の味は家庭によって入れる具材も異なる

 青森県南地方の一部地域でコイ科の淡水魚「ウグイ」が春の味覚として親しまれている。三戸町などでは洗いとして酢みそで食べたり、つみれ汁にしたりして食卓に上る。季節になると「ウグイあります」の紙が鮮魚店などの入り口に張られ、毎日のようにウグイを食べる人もいるという。ウグイは全国に広く分布しているが、食用にする地域は多くなく、いつから季節の風物詩となったか不明。食べるのは4月から6月初旬ごろまでといい、間もなくシーズンを終える。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。