株式会社広済堂ホールディングス
広済堂グループの株式会社広済堂HRソリューションズ(東京都港区、代表取締役社長 大山 洋介)と秋田県能代市(市長 齊藤 滋宣)は、2022年5月30日付で、相互の連携を強化し能代市内における人手不足対策・雇用創出についての地域課題解決を目的とする、地域活性化包括連携協定(以下、本協定)を締結いたしました。 今後は、採用管理システム「TalentClip」を市内企業に無償提供するなど、能代市の雇用インフラを共同で構築し、地域創生HRの実現に取り組んでまいります。


広済堂グループの株式会社広済堂HRソリューションズ(東京都港区、代表取締役社長 大山 洋介)と秋田県能代市(市長 齋藤 滋宣)は、2022年5月30日付で、相互の連携を強化し能代市内における人手不足対策・雇用創出についての地域課題解決を目的とする、地域活性化包括連携協定(以下、本協定)を締結いたしました。

今後は、採用管理システム「TalentClip」を市内企業に無償提供するなど、能代市の雇用インフラを共同で構築し、地域創生HRの実現に取り組んでまいります。


■協定の背景
能代市を管轄するハローワーク能代の有効求人倍率は、2022年3月時点で2.05倍(前年度同月より0.33増加)となり、14ヶ月連続で前年同月を上回りました。2021年7月以降毎月およそ2倍という高水準で推移を続けており、同市内の労働力不足の課題が顕著化しています。
広済堂HRソリューションズは40年以上にわたって東北エリアで地域の雇用問題に向き合う人材ビジネス業を展開しており、保有するノウハウ・スキームの提供による能代市の地域課題の解決を目指します。

■協定の目的
本協定は、能代市及び広済堂HRソリューションズが、緊密な相互連携と協働による活動を推進することにより、能代市のより一層の地域の活性化及び市民サービスの向上を図ることを目的としています。

■協定の内容
広済堂HRソリューションズの強みを生かし、以下の項目において連携を行います。
1.人手不足対策・雇用創出の地域課題解決に関すること
2.市民サービスの向上に関すること
3.その他、目的を達成する為に必要な事項


広済堂HRソリューションズ 代表取締役社長 大山洋介のコメント
この度、「地域創生HR」を目指す人材サービス企業として当社を評価いただき、能代市での包括連携協定を締結できたことを、心より嬉しく思います。
地方都市には人手不足や高齢化、雇用機会の減少といった課題があります。当社がこれまで培ってきたノウハウやツールを活用し、地方都市の課題を解決し、地域創生につなげていきたいと考えています。
今後はさらに多くの自治体とも提携を進めていき、地方の雇用・教育課題解決を図るため邁進してまいります。


■予定している取り組み
能代市は、広済堂HRソリューションズの提供するオールインワン型採用管理システム「TalentClip」を軸とした雇用インフラを構築します。地元企業に対して、採用ホームページの作成や応募者管理、人材データベースの構築などのサービスを無償提供し、採用力の強化を図ります。
また、企業の外国人人材雇用に関するサポートや、県外での就職説明会の開催、能代市への移住定住事業の強化・連携なども予定しています。
TalentClipについて:https://www.talent-clip.jp/about/

「地域創生HR」について
広済堂HRソリューションズは、地方都市における労働人口減少・高齢化・雇用機会減少といった課題に対して、HR Techを軸とするトータル人材ソリューションを提供します。地域の雇用問題に向き合い続けてきた広済堂グループとして、地域に貢献できる人材サービスを展開し、「地域創生HR」の実現を目指します。
「広済堂グループSDGs宣言」に基づき、採用活動のDX化促進による地域課題の解決に寄与してまいります。

本件が貢献を目指す主なSDGs目標




広済堂HRソリューションズについて
広済堂HRソリューションズは、東北・北陸エリアを中心に40年以上にわたって、地域の雇用問題に向き合う人材ビジネス業を展開しています。
HR Techの開発力と、きめ細やかな人材サービスを組み合わせて、地方企業ならではの課題を解決するプロ集団です。オールインワン型採用管理システム「TalentClip」、求人情報サービス「Workin」、採用代行・採用アウトソーシングサービス「広済堂ダイレクトリクルーティング」などの各種人材サービスを通して、地方都市の労働人口減少問題と向き合い、「地域創生HR」を掲げて広く社会に貢献します。

https://hrs-kosaido.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ