在日米軍による小川原湖(青森県東北町)での訓練水域が大幅に拡大したのに伴い、米軍側が訓練実施の2週間前までに計画内容を日本側に通知することが30日、明らかになった。同日開かれた三沢市議会の基地対策特別委員会で、市基地渉外課が説明した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から