【決勝・青森山田-聖愛】8回表、青森山田2死一、二塁、馬場が左越えに3点本塁打を放ち、12-2と突き放す=長根公園
3回表、青森山田1死一、二塁、左越えに逆転の3点本塁打を放った森川が本塁へ進む

 春季県高校野球選手権は最終日の29日、八戸市長根公園野球場で決勝と3位決定戦を行った。昨年夏の県大会決勝と同じカードとなった決勝は、青森山田が森川、馬場の本塁打などで弘前学院聖愛に12-2で完勝し、3年ぶり12回目の優勝を果たした。同地区対決となった3位決定戦は、八学光星が13安打の猛打で八工大一を圧倒し、11-0でコールド勝ちした。青森山田は青森県第1代表、弘前学院聖愛は同第2代表として、6月8日から福島県で行われる東北大会に出場。八学光星は補欠校となる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。