青森県議選北郡区(定数1)選出の齊藤直飛人県議(46)が夏の参院選に出馬した場合、空席となる同区の1枠を巡り補欠選挙が行われる。齊藤氏は参院選の前には辞職せず、立候補とともに自動失職する意向を示している。参院選は6月22日公示、7月10日投開票の日程が有力視されているが、県選挙管理委員会によると、自動失職の場合、県議補選は7月下旬から8月上旬の実施が想定され、同日選となる可能性は低いという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から