運行を終えた大型ねぷたの前で報道陣のインタビューに答える谷口さん=28日午後9時過ぎ、香川県琴平町

 全国から参拝者が集まる金刀比羅宮(ことひらぐう)で有名な香川県琴平町が28日夜、弘前ねぷたの熱気に包まれた。中心となって運行を計画したのは、青森県弘前市出身で同町副町長の谷口信平さん(33)。ねぷた文化になじみの薄い四国の地で、一から住民の理解を得て盛り上げに奔走した。ねぷたが沿道から大きな拍手を浴びるのを目にし、「たくさんの方に楽しんでもらえて、本当に感無量です」と喜びをかみしめた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。