児童や保護者、地域住民が一体となって盛り上げた馬門小最後の運動会
色とりどりの風船を一斉に空に放つ参加者

 本年度末に129年の歴史に幕を閉じる青森県野辺地町の馬門小学校(小原操校長)は28日、同校校庭で最後の運動会を開いた。全校児童20人や保護者、地域住民ら計約150人が元気いっぱいにグラウンドを駆け回り、絆を深めながら楽しい思い出を心に刻んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から