国際的な視点を持つことの重要性を講師の菊池代表(右)から聞く参加者たち

 国際的な視点を持って働く人材を育てようと、青森県は3日、県内の高校生や大学生らを対象とした「あおもりグローバルミーティング」を青森市のリンクステーションホール青森で開いた。語学力を生かして県内で活躍する人や海外と取引を行う県内企業の経営者らが講師を務め、地方でも海外に携わる仕事ができることを伝えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から