5回ヤクルト2死一塁、山田が左越えに2ランを放つ=楽天生命パーク

 ヤクルトが逆転勝ちで交流戦単独首位となった。0―3の五回にオスナの同点3ラン、山崎の適時内野安打、山田の2ランなどで一挙7点。終盤も着実に加点した。2番手木沢が2回無失点で3勝目。楽天は投手陣が崩れた。

(共同通信社)