財務省が27日公表した貿易統計によると、2021年産国産リンゴの今年4月の輸出量は1774トンで、4月単月としては現在の統計方式となった1988年産以降で過去2番目の多さとなった。金額は8億1542万円で過去最高。例年3月から5月にかけては輸出量が減少する傾向にあるが、今年は4月が3月比で18%増と異例の動きを見せている。主要輸出先での新型コロナ関連の制限緩和や、南半球産の入荷遅れが要因。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から