総務省東北管区行政評価局は27日、東北地方の3河川の洪水浸水想定区域内の住民意識調査の結果を公表した。岩木川流域は、調査対象となった青森県弘前市宮園地区で回答した住民の7割以上が洪水浸水の危険性を十分に理解できていない実情が浮かび上がった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から