三内丸山遺跡の見学者からも、落胆の声が相次いだ=2日午後

 6度目の挑戦で世界文化遺産候補に選ばれていた「北海道・北東北の縄文遺跡群」は2日、自然遺産、文化遺産の国内候補一本化という新たなハードルを越えられず、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦が見送られた。「悲願の世界遺産へ」と期待を膨らませていた青森県内関係者は、一様に落胆しつつも「自然遺産の次は文化遺産」と希望をつないだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。