水揚げのピークを迎えているホタテ半成貝=17日、平内町の小湊漁港

 青森県産養殖ホタテガイの2022年度半成貝(1年貝)の第4回入札が27日、青森市の県水産ビルで行われ、1キロ当たりの落札価格は190~192円、全体の平均価格は191円となった。平均価格は今月上旬の第3回入札(156円)より35円上昇。入札平均価格が219円を記録した17年度以来の高値水準となっている。加工業者の間での在庫不足が主な要因。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から