一時的に敷地の一部を民間に貸し出し、有料駐車場となっているラ・プラス青い森の敷地=青森市中央

 新型コロナウイルス感染拡大による需要減で閉館した宴会宿泊施設「ラ・プラス青い森」(青森市中央1丁目)について、所有者の県が今月から建物の状況調査に着手したことが27日、分かった。本年度中に出る予定の調査結果を踏まえ、利活用策を検討する。一時的措置として今月中旬から敷地の一部を民間事業者に貸し出し、有料駐車場として運用されている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から