学校のシンボル「大桜」と対になるように植えた十月桜。5、6年生全員が順番に土をかけた
樹木医の堀内さん(右から2人目)に教わりながらプランターに花の苗を植える児童

 青森県弘前市の豊田小学校(成田王仁校長)の5、6年生が25日、十月桜やマリーゴールドなどの苗を児童玄関前に植え、大切に守っている樹齢約100年のソメイヨシノ「大桜」の周りを花でいっぱいにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から