5月末で生産を終了するストッキング製造大手アツギ東北のむつ事業所(青森県むつ市)に、生産拠点を開設する繊維メーカー「シモムラ」(本社・石川県小松市)の西山恵太専務が26日、東奥日報の取材に「アツギの従業員の優れた技術が拠点開設の決め手になった」と拠点開設の理由を説明した。「一緒に品質の高い製品を生産していきたい」とも強調。近日中にアツギ側と正式契約を結んだ上で、6月1日から生産を始める予定だという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。