ボーナス増額を求めて抗議集会を行う職員ら=26日、弘前市の健生病院前

 津軽地域で病院や福祉施設を運営する津軽保健生活協同組合(安田肇理事長)の職員組合「健生病院労働組合」が26日、職場ごとに1人ずつ離脱してストライキを行う「指名スト」を実施した。「新型コロナウイルス禍の最前線で戦う職員への対価が少ない」と夏季一時金(ボーナス)増額を求めている。ストは7年ぶり。同生協によると、現場業務に大きな影響はない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。