集まって昼寝するイノシシの赤ちゃん
母ザルに抱きつくサルの赤ちゃん

 青森県弘前市の弥生いこいの広場でこの春、イノシシの赤ちゃん(ウリ坊)とサルの赤ちゃんが生まれた。5月中旬から動物広場で一般公開され、愛くるしい姿で来場者を楽しませている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から