北海道上ノ国町にある、寅福の植物工場
同社工場で栽培したトマトを選別する選果場。むつ市で同様の工場を建設することを計画している(写真は2枚とも同社提供)

 北海道上ノ国(かみのくに)町でスマート農業に取り組む農業法人「寅福(とらふく)」(加藤夢人社長)が青森県むつ市に進出することが25日分かった。同社などが東奥日報の取材に答えた。2023年度、情報通信技術(ICT)を活用してトマトを生産する大規模植物工場を同市の耕作放棄地に建設し、24年4月の事業開始を目指す。パート従業員と正社員合わせて100人程度の地元雇用を予定している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。