風力発電設備の機械室の屋根に上る久保田さん。地上90メートル超の高さで陸奥湾を一望できる=野辺地町柴崎

 全国一の風力発電量を誇る青森県。風車設備の増加に伴い、保守点検を担当する技術員も徐々に増えてきた。地上数十メートルでの高所作業というイメージからか、人手不足が続く男性職場だが、県内には全国的に珍しい女性の技術員がいる。外資系企業に勤める久保田香菜さん(32)=青森市=は、野辺地町などの風車で整備作業に当たる日々。「現在この仕事に就いている女性はおそらく自分一人だが、女性にできない仕事とは思わない」とした上で「日進月歩で技術革新が進む風力発電業界。青森にいながら、先進的な仕事に携われることを誇りに思う」と力強く語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。