青森県むつ市は24日、60歳以上と、基礎疾患などで重症化リスクが高いと医師が認める18~59歳を対象にした新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を、25日から始めると発表した。

 市予防医療・感染症対策課によると、25日は、3回目接種から5カ月以上経過した市民に市内2医療機関で接種を行う。ワクチンは在庫のファイザー製を活用する。4回目接種は、この2医療機関を含む市内21医療機関での個別接種で実施していく計画だという。

 接種券は、3回目接種の時期や年齢に応じて5月末から順次発送する。4回目接種の対象となる60歳以上は約2万人。