祭りに向けてねぶた制作を進める「誠和會」のメンバーたち=21日、五所川原市太刀打

 3年ぶりとなる五所川原立佞武多(たちねぷた)祭りに開催を待ちわびていた関係者からは歓迎の声が上がった。ただ、新型コロナウイルスの影響を考慮し、ねぶた制作を見送った団体もあり、さまざまな思いが交錯している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。