7回西武無死一塁、呉念庭が右越えに2ランを放つ=バンテリンドーム

 西武が効果的に得点した。一回に呉念庭と愛斗の連続適時打で3点を先制。二、四回と加点し、七回は呉念庭の2ランで突き放した。3番手の本田が2年ぶりの勝ち星。中日は小笠原が四回途中までに6失点と崩れ、6連敗となった。

(共同通信社)