県米穀集荷協同組合(円子徳理事長)は24日、青森市のアップルパレス青森で通常総会を開き、2023年産の本格デビューを目指す県産米新品種「はれわたり」を、組合として「つがるロマン」の後継品種に位置付け、ロマンの取り扱いは今年限りで終了することを盛り込んだ22年度事業計画案など6議案を承認した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から