航空自衛隊の訓練中に六ケ所対空射撃場(青森県六ケ所村)の海域で全長約3.8メートルの「低速標的機」が行方不明になった事故は、31日も捜索が行われたが発見に至らなかった。空自三沢基地によると、今後の捜索でも見つかる可能性が極めて低いことから、同日で作業を打ち切った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から