100円弁当を買い求める学生ら

 新型コロナウイルスの影響で経済的に困っている学生と飲食店支援のため、弘前大学が2020年から学内で提供してきた「100円昼食弁当」の販売が23日、文京キャンパス内で再開した。昨年は学生グループと上土手町商店街の飲食店が販売する別の格安弁当と学内で競合していたが、今年から学生グループらが100円弁当の提供・販売に加わり、一本化された。販売は平日昼のみで1日150食。8月5日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から