永福神社で執り行われた祈年祭。壁には戦没者の顔写真が掲揚されている=4月20日
五所川原市柳町にある永福神社

 戦没者千人以上の英霊をまつる青森県五所川原市柳町の永福神社(齋藤麻毅宮司)が存続の危機に立たされている。建物の維持管理など、運営を全面的に支えてきた五所川原遺族会が会員の高齢化に伴い昨秋に解散。遺族は減る一方で、神社を取り巻く環境は厳しさを増している。元会員たちは「戦争の悲惨さを伝えられる場所。何とか神社を残したい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。