スポーツコミッション青森の総会で、青森ユースサッカーフェスティバルの概要を説明する黒田監督(左)と正木コーチ

 全国から中学・高校世代のサッカー強豪校が集う大会「青森ユースサッカーフェスティバル」が今夏、青森市で初めて行われる見通しとなった。青森山田高サッカー部を主体とする実行委員会が主催し、同市の官民組織「スポーツコミッション(SC)青森」が支援する形で準備を進める。関係者によると、U-15(中学世代)とU-18(高校世代)の2部門に計32チーム、数百人の選手・スタッフが参加する予定。浅虫温泉を中心とした宿泊業の活性化にもつなげる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。