手でサクランボ「ジュノハート」をイメージしたハートマークをつくるフルーツ娘と工藤町長(前列中央)

 青森県南部町は19日、町内の8人に町名産の果物をPRする本年度の「フルーツ娘」を委嘱した。任期は1年間で、間もなく旬を迎えるサクランボのほかリンゴ、モモ、ブドウなどさまざまな町産の果物を売り込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。