マスクを外して徒競走に臨み、ゴールで笑顔を見せる児童=22日午前、青森市の大野小学校

 3年目となった新型コロナウイルス下で、今年も小中学校の運動会シーズンを迎えた青森県内。運動会の延期・中止が散見された過去2年と異なり、今年は多くの学校が開催に踏み切っている。各校は基本的な感染対策を講じた上で、昼食を取らない日程を組んだり、保護者らの入場を制限するなど、工夫しながら、児童生徒が活躍できる場の確保に取り組んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。