要救助者を搬送する自衛隊員と米軍の兵士ら=31日午前11時42分、三沢基地

 自衛隊と米軍による日米共同統合演習(実動演習)の航空救難訓練が31日、三沢基地と周辺の海空域で行われた。米軍のパラシュート部隊が要救助者を捜索し、航空自衛隊の救難ヘリで基地まで搬送、米軍の医療部隊に引き渡す手順を確認した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から