ストレス状態から気分を変えるため、普段からしているさまざまな行動に気付く児童たち=30日、六戸町の大曲小学校

 青森県六戸町が自殺防止の取り組みを活発に進めている。国は全国の市町村に自殺対策計画の策定を義務づけているが、六戸町は2017年度に厚生労働省の計画策定事業モデル市町村(全国14カ所)に県内で唯一選ばれ、年度内の18年3月に計画を策定済み。町の全部署が連携し、高齢者から子どもまで誰も自殺に追い込まれない町を目指している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から