青森県五所川原市金木地区の銀行支店用地を、市が観光振興に利活用するという構想について、市が取りやめる方針を決めたことが30日、分かった。市は当初、作家太宰治の生家「斜陽館」や津軽三味線会館などを訪れる観光客向けの駐車場を整備する計画だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から