青森県十和田市は20日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、3回目接種から5カ月が経過する60歳以上の市民を主な接種対象とし、6月上旬から接種券を順次発送する方針を明らかにした。

 4回目接種の対象者は、60歳以上の市民約2万3千人と、18歳以上60歳未満のうち基礎疾患を有するなど重症化リスクが高いと医師が認める市民約1200人。

 個別接種と集団接種を併用する。個別接種は6月中旬から市内約20の医療機関で、集団接種は7、8月に十和田おいらせ農協本店などで計12回実施予定。ワクチンは米ファイザー製と米モデルナ製の両方を使用する。順調に進めば、60歳以上の対象者は8月末に接種完了の見込み。

 予約は6月から、市のホームページまたは予約受け付け用コールセンターで受け付ける。