エプソンアトミックスの新工場建設予定地=20日、八戸市の八戸北インター工業団地

 金属粉末製品を手がける「エプソンアトミックス」(青森県八戸市)の新工場整備計画に関し、八戸市は20日、八戸北インター工業団地の約2万9千平方メートルを建設地として同社に売却する予定だと明らかにした。価格は4億8600万円。仮契約済みで、6月定例市議会で可決されれば本契約となる。新工場では、不要な金属を製品の原料に再生する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から