青森県西北地域県民局発注の五所川原黒石線橋梁(きょうりょう)整備(梅田橋)工事の条件付き一般競争入札について、県などに談合を指摘する情報が寄せられていたことが19日までに分かった。県公正入札調査委員会(事務局・県県土整備部監理課)は「談合の事実があったとは認められない」とし、当初の予定通り20日に開札することを決めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から