頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアのため、昨年12月からレースへの騎乗を取りやめている日本中央競馬会(JRA)現役最年長騎手・柴田善臣(55)=青森県東北町出身=が、22日の東京競馬第3レースで5カ月ぶりに復帰する見通しとなった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。