六ケ所産ゴボウを使い、観光協会が開発したディップソース

 六ケ所村観光協会(及川次夫会長)が、村産ゴボウを使ったディップソースを開発し、村特産品販売所「六旬館」でこのほど販売を始めた。協会は「地元野菜との相性がぴったり」とPRしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から