鮮やかな若葉が渓谷を両岸から覆う川内川渓谷。中央は「鶺鴒橋」=19日午後、むつ市川内町

 青森県むつ市川内町の川内川渓谷で新緑が見ごろを迎え、行楽客らの目を楽しませている。19日は正午ごろから久しぶりの雨に見舞われたが、雨粒が葉のほこりを洗い流し、ブナやナラ、イタヤカエデなどの若葉が周囲をいっそう鮮やかな緑で彩った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から