クルーズ船客からコロナ感染者が出た場合の搬送手順を確認する消防関係者ら=青森港新中央埠頭

 県は19日、青森市の青森港新中央埠頭で、クルーズ船の受け入れに備えた訓練を行った。乗客から新型コロナウイルスの感染者が出た場合を想定し、県や青森市、保健所、消防の職員ら約30人が病院までの搬送手順を確認した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から