オンライン交流でインドネシアの生徒たちに質問する小笠原さん(右)と工藤さん=16日、七戸高校
質問項目を書いたボードを手に生徒をサポートする星野さん

 イスラム教の戒律に沿ったハラル料理について学んでいる七戸高校の3年生2人が16日、インドネシアの高校生らとオンラインで交流し、食をテーマに文化の違いを学んだ。青森県七戸町の観光振興を担う地域おこし協力隊員が、コロナ禍で思うような活動ができない中、町のために何かできないかと思案。インドネシアで日本語教育に携わった経験を生かして橋渡しした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から