大きなバケツいっぱいに詰まったシラウオ。今季一番の量に、漁業関係者は大喜び=18日午前8時20分、三沢市鹿中

 三沢沖で高級食材のシラウオ漁がようやく本格化し、18日に今季一番の水揚げを記録した。八戸沖の座礁船撤去作業に伴う油の流出を警戒して約1カ月間、休漁を余儀なくされた漁業関係者は大喜び。久しぶりにハマは活気づいた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。