サクラアワードでゴールドを受賞した「シーサイド」(左)と「キャプテンズストック 白」
宮下市長にゴールド受賞を報告した北村社長(右)、泉総監(中)、濱田組合長

 国際的なワインのコンペティション「サクラアワード」で、青森県むつ市のサンマモルワイナリー(北村良久社長)の五つのワインが今年のゴールドに選ばれた。そのうち、「シーサイド」と「キャプテンズストック 白」は、「海峡サーモン」や海上自衛隊大湊地方総監部とのコラボレーション商品。北村社長は「地元のコラボワインの品質が評価されてうれしい」と話す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から