考案した「トリチ林檎丼」を手にする弘前大学の学生ら

 弘前大学の学生が、リンゴとエビチリ風の味付けの鶏唐揚げを組み合わせた丼ぶり「トリチ林檎(りんご)丼」を考案し、17日から19日まで文京町キャンパスの学生食堂で売り出している。2019年に学生が考案し、近くの居酒屋のメニューに採用されるなどして話題になった「りんご豚丼(ぶたどん)」超えを視野に、3日間で1500食販売を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から