日本音楽部門で「春の詩集」を披露し、最優秀賞を受賞した浪岡高校

 第39回青森県高校総合文化祭は最終日の28日、むつ市と青森市で6部門を行った。郷土芸能、日本音楽、器楽・管弦楽の3部門は青森市の明の星ホールで行われた。日本音楽部門で最優秀賞を受賞した浪岡高校は「春の詩集」を披露。流麗な音色で観客を魅了し、7連覇を達成した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から